その他

マリアビートル/伊坂幸太郎を読みました


伊坂幸太郎さんの本「マリアビートル」を読みました。

物語の舞台は東北新幹線(東京-盛岡)の「新幹線内」。物騒な仕事をこなす業者がたくさん乗り込んでそれぞれが己のミッションを遂行していきます。トランクを運ぶ者、それを奪う者、復讐を果たす者、大物をしとめる者。。。そして徐々にそれぞれがつながっていきます。。

個人的にはその中でも「中学生の王子」が良い意味で嫌な意味でも中心的な役割を果たし彼の動きが気になって一気に読んでしましました。他の登場人物も相変わらず個性派ぞろいという感じです。グラスホッパーで出てきた名前もチラホラと。

舞台となる新幹線は「はやて」でよく乗る新幹線ですのでその辺もイメージしやすく楽しめて読めました。

マリアビートル/伊坂幸太郎 読書メーター

You may also like
2010年11月の鑑賞メーターまとめ 「パプリカ」「第9地区」「イヴの時間」
超速デスクトップ整理術
超速デスクトップ整理術
読書もネットもできるノマドワーカー向きカフェ?Brooklyn Parlor(ブルックリン パーラー)
読書もネットもできるノマドワーカー向きカフェ?Brooklyn Parlor(ブルックリン パーラー)
Facebookでコメントする

コメントする

コメント*

お名前*
Webサイト