その他

薬局の店員に甘えてみる。

近所に薬局があるんですがカロリーメイトが160円とかなーり安いです。水もカップラーメンもコンビニなんかと比べると安い。グッジョブです。で、そんな薬局にたまーに行くんですがレジで毎回聞かれることがあります。

店員:「○○のカードはお持ちでしょうか?」
おれ:「ないっす」

毎回この繰り返しです。何回行っても、店員が変わってもあの一言を言ってくれません。

カードをお作りしましょうか?

この一言は小さなことですが、実は大きな結果を生むんじゃないかなーと思ったりもしたんですよね。こういったことってwebサービスしかりいろいろなことで言えると思うんですが、基本的に人は怠け者的なところがありますからこういったところで背中を押してあげたり行動に移してあげるということがけっこう重要なのかなーと思ったりするのです。それが自分のメリットに返ってくるとしたら尚更ですね。

逆にユーザー(消費者)に頼ったり期待するのは極力避けなければいけないーと思ったりもします。頼るというより「考えさせる」ということでしょうか。薬局の例で言うと、「カード欲しい人は自然と要求してくるだろう。」というようなユーザーへの甘えですね。

いつになったらカード発行してくれるのかな。と店員に期待して甘えてみる。。

You may also like
Amazon API 画像URLのサイズ変更まとめ
20代に読んでおきたい本ランキング
FIFAクラブワールドカップでみたマンチェスター・ユナイテッド
Facebookでコメントする

コメントする

コメント*

お名前*
Webサイト